「勃起力」と良く言われますが、単に男性自身が硬く屹立すればいいかというと、それは違います。しかるべき時間、具体的には女性が満足するまでの間硬さが持続してこそ、真に勃起力があるといえるでしょう。

勃起し続けるための悦びをかみしめたい男性たち

精力コラム

勃起し続けるための悦びをかみしめたい男性たち

投稿日:2019年3月6日 更新日:

勃起を「持続する力」を手に入れるには、あるいは維持し続けるにはどうしたら良いのでしょうか?

若い男性、更年期以降の男性ともに抱える悩みでもありますね。

勃起し続けるための悦びをかみしめたい男性たち

テストステロンを高くキープし勃起と持続をしやすくする

男性ホルモンである「テストステロン」は勃起とその持続に深く関わっています。

この分泌を増やすには、良く運動し、亜鉛を多く含む食品を摂取することが効きます。

亜鉛の多い食品とはレバーやカキ、あるいはマカなどです。

肉・魚・豆全般にも含まれています。

生き物として考えれば男性は野を歩き回って食べ物を獲得したり、外敵から女性や子どもを守る役割を持つわけですから、運動することでより男性らしくなり、勃起とその持続もしやすくなるのです。

ただし、テストステロンそれ自体を注入すると言った措置は、医学的に明確な問題がある場合以外は推奨されません。

運動・食事・サプリメント&精力剤などで自然に増やすことが大事です。

血流にはたらきかけるサプリメントで勃起の維持力をアップする

シトルリンやアルギニンなどを主体とするサプリメントでは、体全体はもとより男性自身の血流にはたらきかけ、勃起力とその維持力を高めます。

これらを主体としながらもさらに各種精力アップ成分を配合しているサプリメントでは、精液量が増し性欲もより湧いてくる、あるいはペニス増大までも見込めるなど、勃起持続にとどまらないトータルでのパワーアップが期待できます。

血液をきれいにする食品をとる

勃起は、ペニスへの血液流入によって生じます。

各種男性サプリメントはもちろん有効ですが、魚、大豆、玉ねぎ、ねぎなど一般に血液サラサラ効果があるとされる食品を、毎日のテーブルに採り入れることも勃起の維持しやすさに大きく関わってきます。

もちろん、血液サラサラを謳うサプリメント(特に男性向けとされない)の摂取も有効です。

あまり「勃起の維持」だけにとらわれず全身の健康をキープする姿勢も、結果としては男性機能維持に役立ちます。

絶倫食材まとめ!特徴と効果的に利用するポイントは

血流を支える「弁」が持続のキーポイント

男性のペニスは、排尿と射精の2つの役割を持っています。

ここは女性とは大きく異るポイントです。ペニスに多量の血液が流れ込むことで勃起が生じますが、その血液型以内に戻ってこないようにするための「弁」が備わっているのです。

これを鍛えることが勃起の維持に役立ちます。大変若い男性ではほとんど気にかけることがない「中折れ」ですが、30~40代以降では重要になってきます。

この弁や周囲の筋肉を鍛えるには

「尿を途中で止める」

「肛門を引き締める」

「射精を我慢することを常に意識する」

などが効果的です。

「PC筋」を鍛える

勃起と射精双方に深く関与しているのが「PC筋」と呼ばれる部位です。

こちらを鍛えることにより、勃起の維持がしやすくなり、また同時に射精のコントロールもしやすくなります。

具体的には肛門をキュッと引き締めたり、グイグイとペニスを動かしてみたりすることで鍛えられます。

また性的なことではなく、スクワットなど下半身全体を鍛えるようなトレーニングによっても強化されていきます。

またペニス周辺の筋肉が鍛えられることは、女性の体感としての「硬さ」も大幅にアップしていきます。

余裕を持って勃起を維持でき、女性のタイミングに合わせて射精できる男性はとても魅力的で、言葉には出さなくても女性は魅了されていきます。

心因性の早漏をクリアする

とりわけ、若い男性や性的経験の少ない男性で起きやすいのが、心理的な理由による早漏です。

どんなに元気な男性でも、やはり射精してしまえば一定時間、強い勃起は望めなくなります。

若い男性では、必要以上に気分が高まってしまったり、不意の刺激で思わず射精してしまったりという現象が良く生じます。

自然なことでもありますが、あまりそれが続くと「また出てしまうのではないか」といった心理が強固になり、常に早漏気味になり、結果としては勃起がまるで持続できないということになります。

こうなると男性としての自信そのものも落ちてきて、気になる女性に堂々と接することができないなどの事態にもつながってきます。

早漏も問題だけど勃起力のことも考えてみましょう

必要とあらばED治療薬を利用する

性行為がまったく完遂できないといった状況では、ED(勃起不全)治療薬を検討しましょう。

「勃たない」人だけではなく「勃起の維持ができない」人ももちろん対象です。

専門クリニックに行くことでバイアグラ・レビトラ・シアリスなどを処方してもらえます。

また思わぬ疾患から勃起不全が生じていることもありますので、それらにも気づけるチャンスとなります。

ED治療薬に慣れてきたならば、希望に応じてED治療薬の個人輸入をして、より安価にケアすることも可能です。

維持をしてこそ

強い勃起が生じても、それが直ぐ終わってしまったのでは男女ともに不満が大きく、女性は寂しくなってもしまいます。

また言い方を変えれば、10代男性のような扱いきれないような勃起力はなくても、行為の間、一定程度の硬さ維持ができれば、男女ともにかなりの満足度がキープできるともいえます。

サプリメントや運動、トレーニングで効率的に勃起の維持力を高めていきましょう。

以上、勃起し続けるための喜びをかみしめたい男性たち...の話題でした。

-精力コラム

Copyright© ガッツリ男パワー , 2019 AllRights Reserved.